トップページ > テクノロジー > 研究開発 - 丸順の一貫生産体制

研究開発 ~丸順の一貫生産体制~

グローバル市場ニーズを先取りし、長年培ってきたものづくり技術をベースに先端の技術開発、軽量・安価・高品質の新商品の開発に積極的に取り組んでいます。
技術開発においては、自動車の将来ニーズに対応した、新材料・新技術・新工法、新製品の開発に注力しています。
開発した製品はグローバルに製品展開を行うとともに、各国に技術供与を行っています。今後は更に開発力を強化しグローバルなモビリティ部品メーカーを目指し続けます。

研究開発コンセプト

開発設計段階から最適仕様、性能評価、コスト低減を目的に試作レスなど開発期間の大幅短縮に向けてCADやCAEなどを活用し対応しています。最終評価として実機を用いた各種性能評価にも万全の体制で取り組んでおり、お客様に安全と信頼を提供しています。

ひと味違う深化と進化の3つの着眼点

ページの先頭へもどる

試験・研究設備

3D CAD 設計
シミュレーション(構造解析・動解析・成形解析)

仕様・目的に合った製品及び治工具の設計をスピードをもって行っています。


完全試作レスを目指し、板金部品の各種加工方法における成形性、機能部品の性能評価等の事前検討を行ってます。

自動車部品衝突シミュレーション
100KNアムスラー試験機

自動車部品の衝突強度評価を行い、衝突荷重変形量などの評価を行ってます。


溶接強度、各種ヒンジ強度の引張り・圧縮試験を行っています。ヒンジにおいてはFMVSS、ECEの 評価も可能としております。

ヒンジ耐久試験機

実車相当重量の擬似ゲートを取付け、ヒンジの耐久試験を行ってます。

電話・FAXでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

ページの先頭へもどる