トップページ > テクノロジー > エンジニアリング - 丸順の一貫生産体制

エンジニアリング ~丸順の一貫生産体制~

次世代のものづくりへの挑戦が始まっている中、デジタルエンジニアリングのメリットを最大限活かした丸順の金型技術は、全ての技術をITと融合し、当社独自の設計技術解析技術を開発しています。

成形シミュレーション

金型関連

成形シミュレーション活用による予測技術

人の知識と技術をデーターベース化、最先端のシミュレーション技術と融合させ今まで予測できなかった製品不具合をコンピューター解析させることで事前に予測可能としました。

ページの先頭へもどる

3次元ソリッド設計

金型関連

従来の2次元設計という製図作業から形状そのものを立体形状で表現した3次元ソリッド設計(構造設計)により誰もがモノとして認識でき設計段階での金型QCDを保証します。
また金型製造現場での活用により、より大きな効果を得ています。

ページの先頭へもどる

非接触式測定器

金型関連

非接触測定器活用による解析技術

金型/製品の測定物をカメラ式測定器により立体でデーター化し、瞬時に全体を把握する事で金型の玉成を早期完結することができます。

ページの先頭へもどる

超高張力鋼板(ハイテン材料)成形技術

金型関連

車を取り巻く環境

自動車業界では近年、環境に配慮した、燃費の良い自動車の開発が進んでいますが、軽量化と車体剛性の両立において超高張力鋼板への移行は欠かすことができません。
当社は超高張力鋼板になるほどプレス加工が難しくなるという特性を今まで培った人の知識や技術を集積しITとの融合による独自技術開発で克服し、超高張力鋼板対応次世代金型造りを可能としました。

匠の技

IT技術と共にお客様の信頼に応える量産品質を長年培われた高度な生産技術力とひとづくりから生まれた匠の技にて保証し全ての生産設備に最も適合する金型を提供します。

ページの先頭へもどる

増肉加工技術

精密関連

従来は、素材を熱間鍛造で加工し、製品形状を作りだすため、全ての箇所を切削加工していました。増肉加工では、薄い材料を部分的に厚く加工するため、素材面を全て削る必要がなく、切削時間の短縮と、大幅なコスト削減に繋がっています。

従来

増肉加工

製品を冷間プレス板成形により、素材板厚より最大2.5倍の増肉化させる増肉成形技術を成形解析をもとに確立しています。

特許情報
名称 増肉プレス製品の製造方法
特許番号 第4938715号
第5075713号
その他保有測定器

電話・FAXでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

ページの先頭へもどる